アルファロメオ・156

アルファロメオ大好き好き

アルファロメオ大好き好き

1997年に本国で発表され翌年には日本へも導入されたアルファロメオのミドルクラスモデルです。 丸みを帯びたダイナミックなスタイルを採用し、1950年代のモチーフを用いた個性的なデザインのフロントマスクが他のモデルにはない魅力となっています。

ブランドの由縁

創業地・ミラノ市の白地に赤い十字架とヴィスコンティ家の紋章であるサラセン人を呑み込む大蛇(ドラゴンという説もある)ビショーネを組み合わせた紋章を頂く楯を表現したフロントグリルを持つ、独特の顔立ちで知られる。フィアットの傘下となって久しい今日でも、その外観の独自性は失われていない。

1920年代から1930年代にかけ、アルファロメオのレース部門の総責任者であったエンツォ・フェラーリは後に独立し、フェラーリを設立した。後年、彼は自分の名を冠した車でアルファロメオ車に勝利したとき、「私は自分の母親を殺してしまった」という複雑な感慨を周囲に漏らしたという。

156は、イタリアの自動車メーカーアルファ・ロメオが1997年から2005年にかけて製造、販売していた中型セダン。155の後継にあたり、スポーツワゴンもラインナップする。アルファ156とも呼ばれる。アルファ・ロメオ史上、商業的に最も成功したモデルとされる。

関連するまとめ

まとめテスト

説明 説明

user2 / 411 view

ZipperやKERAでお馴染み♪『 ゆら 』ちゃんのネイル

ZipperやKERAで活躍中の青文字系読モ、ゆらちゃんのネイルに迫りました。

user2 / 2174 view

関連するキーワード